GH-BioTechnologies Japan SHOP

NMN抽出法の違い「NMN renage 10500」の方がなぜ安いの?

NMNの抽出製法の違いによって原料費が異なります。NMN6000のNMN 抽出方法は、枝豆エキスから酵素抽出方法を用い、100%植物由来(純度96~98%)です。抽出に手間と時間、抽出量が少ないことより高値です。口から摂取するものだから、植物由来を好まれる方はNMN6000がお勧めです。NMN10500のNMNはバイオ製法のため、大量生産ができ安価です。バイオ製法の方が純度も99%以上が検出されます。結果、製法の違いによって、一瓶で摂取できる量も増量し、10500は、約2か月分(1日2粒ほど)として、より多くの方へ愛用していただけるように企画いたしました。また、NMN6000/10500と共に「ピロ―バイタル」を一緒に服用されることをおススメいたします。

「6000」「10500」の違い

1瓶で摂取できるNMN量(㎎)を表しています。
『10500』の場合、10500㎎/瓶で摂取可能です。
※「ピロ―バイタル」は、NMN2400㎎摂取できます。

ピックアップ商品